いなばの白うさぎ
鳥取市白兎海岸
絵 文 あい・まい
 むかし、むかし、いなばの小島に白う
さぎがいました。うさぎは岸にわたりたく
て、そばにいた、ワニざめに、
「うさぎとワニざめとどっちが多いかくら
べっこをしよう。」
といいました。
 うさぎは、ワニざめのせ中をぴょん
ぴょんはねて、わたっていきました。あ
と少しできしというところで、うそをつい
ているのをはなしてしまいました。お
こったワニざめは、うさぎの毛皮をはが
してしまいました。うさぎはいたくて泣い
ていました。
 大ぜいの神様が通りかかり、
「海の水で洗って、海風でかわかせば
直るよ」
とうそを教えました。
 うさぎは、いわれたとおり、海の水で
体をあらい、海の風でかわかしました。
すると、しお水が体にしみかんでいっそ
ういたくてたまりません。前よりも、大き
な声で泣きました。
 そこへ、大国の主のみことが通りか
かりました。みことは、うさぎから泣いて
いるわけを聞きました。そして、
「それはかわいそうだ。川の水でよくし
お水をあらいなさい。そして、川に生え
ているがまの歩をしいて、そのうえをこ
ろがりなさい。」
と教えてくれました。
 いわれたとおりすると、体の痛
みがとれて、毛が生えてもとどお
りの白うさぎになりました。
 今でも、白兎海岸にはだいこく
さまのせきひがたっています。