〜噴火
<次へ>

funa1.mpeg

funa2.mpeg

溶岩流
マグマの噴出
320×240、 1015.2KB 動画
320×240、 1013.2KB動画

撮影日:不明 撮影場所:USAハワイ、キラウェア火山 火口から地上に噴出したマグマ(溶岩)は、溶岩流となって流れ出ます。その時の温度は900℃〜1200℃にもおよびます。キラウェア火山は、粘性が小さく地表を薄く広がる玄武岩質の溶岩です。

撮影日:1990年代 撮影場所:北アメリカ、USAハワイ マグマが火山の地下に溜まり、発生したガスの圧力が強くなると、ふたの役目をしていた岩石を吹き飛ばして噴出してきます。

funa3.mpeg

funa4.mpeg

マグマと研究者たち
火山の断面図と噴火(CG)
320×240、 1.13MB 動画
320×240、 1.83MB 動画

撮影日:不明 撮影場所:USAハワイ、キラウェア火山 火山の噴火による地表への噴出物質は、溶岩・火山さいせつ物・火山ガスの3つに大きく分けられます。キラウエアの溶岩は、粘性が小さいため大きな爆発の危険が小さく、研究者が溶岩のサンプルの収集を行ったりしています。

マグマは周囲の岩石より比重が軽いので上昇し、マグマ溜まりを作ります。マグマの成分が気化ガスとなり、ガスの圧力が高くなると、マグマ溜まりを塞いでいた岩石を吹き飛ばし、噴火が起こります。

<前へ>

funka5a.jpg

funka5b.jpg

噴火のメカニズム1(CGテロップ 有)
噴火のメカニズム1(CGテロップ 無)
600×400、 117.9KB 静止画
600×400、 101.8KB 静止画

上部マントルや下部地殻で発生したマグマは周囲の岩石より軽いため、浮き上がってきます。

上部マントルや下部地殻で発生したマグマは周囲の岩石より軽いため、浮き上がってきます。

funka6a.jpg

funka6b.jpg

噴火のメカニズム2(CGテロップ 有)
噴火のメカニズム2(CGテロップ 無)
600×400、 139.3KB 静止画
600×400、 111.8KB 静止画

地表近くでマグマと周囲の岩石の密度が等しくなり、停滞してマグマだまりができます。その後、火山性ガスなどの発生により圧力が増大すると、マグマが噴出します。

地表近くでマグマと周囲の岩石の密度が等しくなり、停滞してマグマだまりができます。その後、火山性ガスなどの発生により圧力が増大すると、マグマが噴出します。