現代の科学 科学技術の利用
<次へ>

光ファイバー
形状記憶合金
320×240、 1.44MB 動画
320×240、 1.59MB 動画

光ファイバーは、中に入った光を遠くまで伝えられる特殊な繊維。光ファイバーは主に通信用のケーブルとして使われている。

形状記憶合金は、どんなに変形させても、熱を加わえると元の形に戻る性質がある。メガネのフレームや女性の下着にも使われている。

煙風洞
液晶ディスプレイ
320×240、 2.31MB動画
320×240、 1.75MB 動画

煙風洞は、物体の周りで空気がどのような流れが生じるのかを観察することができる装置。航空機や自動車、建築物の開発過程で欠かせない装置である。翼に角度をつけると、翼に上向きの力「揚力」が発生する。しかし、角度が大きすぎると空気の流れが乱れて失速状態になる。

液晶ディスプレーは、電気を流すと光を通さなくなる性質を利用したもの。携帯電話の画面や時計、電子卓上計算機など、身の回りのいろいろな電気製品に使われている。

LSI(半導体)
ロボット
320×240、 1.55MB 動画
320×240、 1.50MB 動画

LSI(半導体)は、条件によって電気を通したり通さなかったりする物質。トランジスターやコンデンサーなど電子部品の材料になる。(映像提供 NTT先端技術総合研究所企画部)

人と同じように直立二足歩行ができるロボットの開発が進んでいる。直立二足歩行は、ロボットが人と共同作業をするためには欠かせない能力である。(映像提供 本田技研工業(株))

スーパーコンピュータ
超伝導
320×240、 3.26MB 動画
320×240、 1.69MB 動画

スーパーコンピューターは、大量のデータをすばやく処理するときに使われる。実験方法や条件など、必要な情報を入力すると、計算だけで実験の結果を引き出すことができる。(映像提供 理化学研究所情報基盤研究部情報環境室)

ある温度以下で電気抵抗がゼロになる状態を、超伝導という。超伝導の状態では、磁場を受け付けない「マイスナー効果」が表れる。