◎消化器(胃・小腸・大腸)
 

胃全景
胃の区域
静止画 440×426、 35.7KB

静止画 440×426、 36.4KB

胃は食道と十二指腸の間にあり、横隔膜の下に位置する袋状の臓器。飲食物が入ると膨らみ最大1.5リットル位までになる。


胃は食道が開口する噴門からはじまり、十二指腸に開口する幽門までの間に位置する。上側から胃底部、胃体部、幽門前庭部に分けられる。

小腸、小腸壁、柔毛の構造
大腸
動画 320×240、 2.93MB

静止画 440×426、 40.6KB

小腸壁の内腔には大きなひだである輪状ひだがあり、そのひだは柔毛によって覆われている。輪状ひだと柔毛によって表面積を広げ吸収効率を高めている。吸収された栄養分のうち糖とタンパク質は毛細血管で、脂質はリンパ管で運ばれる。

大腸は上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸と続き肛門につながっている。小腸が上行結腸に開口する部分より下を盲腸といい、そこには虫垂が存在する。大腸では内容物を肛門の方へ送ると同時に水分を吸収し、便を生成している。

吸収された栄養分の移動
蠕動運動
静止画 440×426、 38.4KB
動画 320×240、 1.51MB

吸収された栄養分のうち、ブドウ糖とアミノ酸は血管に入り、門脈から肝臓に送られる。脂質はリンパ管に入り、胸管から静脈系に注がれる。

蠕動運動は食道から直腸までの消化管などでみられる運動で、筋肉が収縮してできたくびれが次々と伝わり、内容物を送る働きをする。

◎消化器(消化器正面・口・唾液腺・肝臓・歯)

消化器(正面)
口腔の構造
静止画 440×426、 33.4KB
静止画 440×426、 28.3KB

消化器系には、口腔、舌、食道、胃、小腸および大腸などの消化管と、それに付属する器官である肝臓などがある。

口腔の入口は上下の唇からはじまる。歯肉には歯が生えて(萌出)いる。上顎の前2/3には硬い硬口蓋、後方1/3には軟らかい軟口蓋があり、その後部中央に口蓋垂が下垂する。口腔の奥の両側には口蓋扁桃があり、口腔の底には舌が存在する。


唾液腺
肝臓
静止画 440×426、 30.2KB

静止画 440×426、 26.1KB

唾液腺には耳下腺、顎下腺および舌下腺の3種類がある。耳下腺は耳の前方からの導管が頬の内側に開口し、さらっとした漿液性の唾液を分泌する。顎下腺と舌下腺は共に舌の下の下顎に開口する粘液と漿液の混合腺である。

肝臓は、右葉や左葉などに分かれる。右葉は左葉に比べ大きく、下面には胆汁を蓄える胆嚢がある。また、消化管からの静脈血は門脈となって肝臓へ送られ、解毒やグリコーゲンの貯蔵などが行われる。

歯の構造
嚥下
静止画 440×426、 32.7KB
動画 320×240、 1.78MB

歯は成人では32本、幼児では20本存在する。構造は、表面の硬い部分がエナメル質、その直下にある柔らかい部分が象牙質である。象牙質には神経があるため虫歯がエナメル質を貫通すると痛くなる。

食べ物や飲み物を飲み込む動作を嚥下(えんげ)運動という。嚥下運動を行なうときは喉頭蓋が気道にフタをする動作をする。また、食道は蠕動運動を行ない、飲食物を胃へと送る。

 

誤嚥
口腔から食道・胃
動画 320×240、 1.78MB
静止画 440×426、 31.0KB

誤嚥(ごえん)は誤って気道に飲食物が入ってしまうこと。吐瀉物が気道に入ると窒息死することもある。老人では入れ歯などが外れ、気道に入ることもある。

消化器系の口腔から胃まで。食物は口腔から咽頭、食道を経て胃に達する。消化器系は呼吸器系と一部共有されるところに注意。