植物の成長  ヒマワリ
<次へ>

ヒマワリ 種の吸水
ヒマワリ 発芽

320×240、 2.39MB 動画

320×240、 2.06MB 動画

75時間の変化を18秒に縮めています。ヒマワリの種は、水を吸うと、厚みは増しますが、それほど大きく体積が変わることはありません。
61時間の変化を16秒に縮めています。種や子葉は、茎と比べると土の中を通り抜けにくいので、茎に引っ張られるようにして地上に出てきます。


ヒマワリ 根の成長
ヒマワリ 子葉の成長
320×240、 2.24MB 動画
320×240、 2.38MB 動画

153時間の変化を17秒に縮めています。根は、他の植物と同じように、まず、長くしっかりした根がたてに伸び、次に細かな根が横に広がります。

76時間の変化を19秒に縮めています。子葉には、発芽したあとの成長に使われる養分がたくわえられていますが、子葉自身もその養分を使って成長します。

<前へ>
<次へ>

ヒマワリ 子葉と本葉の育ち方
ヒマワリ 成長初期

320×240、 2.06MB 動画

320×240、 1.76MB 動画

53時間の変化を16秒に縮めています。子葉は、ある大きさになるとそれ以上成長することはありません。
135時間の変化を14秒に縮めています。子葉は、ある大きさになるとそれ以上成長することはありませんが、本葉は毎日成長し、子葉に比べると、はるかに大きくなります。

ヒマワリ 成長中期
ヒマワリ 成長後期
320×240、 1.69MB 動画
320×240、 2.36MB 動画

139時間の変化を13秒に縮めています。本葉の数が多くなると、ヒマワリは本葉を次々と出しながらさらに大きく成長します。このころ、子葉は枯れてしまいます。茎の一番下に付いている子葉の様子を見てみましょう。

86時間の変化を18秒に縮めています。支柱のしま模様の幅はそれぞれ1pです。このころのヒマワリは、1日におよそ6pずつ背が高くなりました。

<前へ>

ヒマワリ 毎日の変化
ヒマワリ 開花(全体)

320×240、 2.27MB

320×240、 2.21MB

49時間の変化を18秒に縮めています。ヒマワリに限らず、植物はだらだらと成長するのではなく、成長にもリズムがあります。1日の間に、勢いよく成長する時間と、成長がゆっくりになる時間があるのです。
101時間の変化を17秒に縮めています。時間を縮めて観察すると、「花が咲く」という現象は、ただ花びらが開くだけではなく、花びら自身も成長していることがよく分かります。

ヒマワリ 開花(中心部)
ヒマワリ 結実
320×240、 2.27MB
320×240、 1.99MB

73時間の変化を18秒に縮めています。ヒマワリの花の中心部は、花びらがとても小さな、つつ型の花が集まっています。注意して見ると、花が咲くときにもリズムがあることが分かります。花粉は昼間に出されます。

362時間の変化を15秒に縮めています。ヒマワリの花は、花の外側から内側に向かって順番に咲きます。そのため、種も同じように、外側から内側に向かって順番にじゅくします。