理科 実験・観察集
薬品の性質との使い方  物質
<次へ>

亜鉛

600×400、 64.5KB 静止画

600×400、 57.7KB 静止画

亜鉛(元素記号Zn)。青みを帯びた白色金属。乾電池、トタン板の製造に使う。

銅(元素記号Cu)。人類が最も古くから利用してきた金属の一つ。合金の材料や電線など用途は広い。

硫黄
マグネシウム

600×400、 62.4KB 静止画

600×400、 73.3KB 静止画

硫黄(元素記号S)。硫酸、マッチ、ゴムの原料。空気中で燃やすと、卵が腐ったような独特なにおいを出す。

マグネシウム(元素記号Mg)。銀白色の軽金属。空気中で強く熱すると、閃光を放って燃え、酸化マグネシウムを生じる。

<前へ>
<次へ>

マグネシウムリボンの燃焼
ナトリウム

320×240、 1.08MB 動画

600×400、 60.0KB 静止画

マグネシウムリボンはマグネシウムをひも状に伸ばしたもの。銀白色の軽金属で、酸性の水溶液に入れて水素を発生させたり、化学電池の電極として使われる。空気中で強く熱すると、閃光を放って燃える。

ナトリウム(元素記号Na)。銀白色の軟らかい金属。いろいろなものに反応しやすい金属なので、保存の際は灯油に浸けておく。

水銀
炭素

600×400、 60.0KB 静止画

600×400、 61.2KB 静止画

水銀(元素記号Hg)。 常温で液状の唯一の金属で、銀白色をしている。水銀の融点温度は−38.9度で、これ以下の温度にすると固体になる。

炭素 (元素記号C)。電気分解の実験の際に電極に使用される。

<前へ>

鉄粉
ヨウ素(ヨード)

600×400、 65.3KB 静止画

600×400、 62.2KB 静止画

鉄粉(元素記号Fe)。試薬としては粉末状の鉄が使われる。鉄はとても酸化しやすい性質を持っているので、酸化の実験によく使われる。

ヨウ素(元素記号I)。常温では暗紫色の金属光沢を持つ結晶。多くの物質は気体になると無色透明だが、ヨウ素の気体は紫色をしている。