薬品の性質との使い方  指示薬

BTB液
塩化コバルト紙

320×240、 1.59MB 動画

320×240、 1.53MB 動画

BTB液、別名ブロムチモールブルー(化学式C27H28O5Br2S)。酸性、アルカリ性の判別をする指示薬。酸性で黄色、中性で緑色、アルカリ性で青色になる指示薬。

塩化コバルト(化学式CoCl2)水溶液を紙に染み込ませたもの。水分の有無を判別する指示薬。塩化コバルト紙は、水に触れると青色から赤色に変わる。水分があるかどうかの判定に使う。

フェノールフタレイン液
リトマス紙

320×240、 1.41MB 動画

320×240、 1.55MB 動画

フェノールフタレイン(化学式C6H4COOC(C6H4OH)2)の水溶液。アルカリ性を判別する指示薬。アルカリ性に触れると無色透明から赤色に変化する指示薬。

リトマスゴケの色素を紙に染み込ませたもの。酸性、アルカリ性の判別に使う指示薬。青色と赤色があり、青色リトマス紙は酸性により、赤色に、赤色リトマス紙はアルカリ性により青色に変化する。

ベネジクト液

320×240、 1.53MB 動画

ベネジクト液はクエン酸ナトリウム、無水炭酸ナトリウム、硫酸銅からなる水溶液。麦芽糖の有無を判別する指示薬。麦芽糖をふくむ液に入れ、加熱すると青色から、赤褐色に変わる。