CGで見る生物のしくみとはたらき
◎全身骨格
<次へ>

全身骨格と内臓(正面)
全身骨格(正面)
静止画 440×426、 24.3KB
静止画 440×426、 36.7KB

頭部と胸部の内臓(脳と肺・肝臓など)は、頭蓋と胸郭という骨によって臓器全体が覆われているが、腹部の大腸や小腸を正面から覆う骨はない。[真正面から見たところ]

ヒトの全身骨格はおよそ200個の骨から構成されており、細長い骨(大腿骨や腕などの骨)、短い骨(手や足の骨)、平たい骨(頭蓋骨や胸骨など)に大別することができる。[真正面から見たところ]

全身骨格(右45度)
全身骨格(右90度)
静止画 440×426、 37.9KB
静止画 440×426、 32.5KB

ヒトの全身骨格はおよそ200個の骨から構成されており、細長い骨(大腿骨や腕などの骨)、短い骨(手や足の骨)、平たい骨(頭蓋骨や胸骨など)に大別することができる。[右45度から見たところ]

ヒトの全身骨格はおよそ200個の骨から構成されており、細長い骨(大腿骨や腕などの骨)、短い骨(手や足の骨)、平たい骨(頭蓋骨や胸骨など)に大別することができる。[右90度から見たところ]

<前へ>

全身骨格(右後45度)
全身骨格(真後ろ)

静止画 440×426、 37.0KB
静止画 440×426、 37.8KB

ヒトの全身骨格はおよそ200個の骨から構成されており、細長い骨(大腿骨や腕などの骨)、短い骨(手や足の骨)、平たい骨(頭蓋骨や胸骨など)に大別することができる。[右後方45度から見たところ]

ヒトの全身骨格はおよそ200個の骨から構成されており、細長い骨(大腿骨や腕などの骨)、短い骨(手や足の骨)、平たい骨(頭蓋骨や胸骨など)に大別することができる。[真後ろから見たところ]

   

全身骨格(左後45度)
全身骨格(左90度)
静止画 440×426、 37.7KB
静止画 440×426、 32.3KB

ヒトの全身骨格はおよそ200個の骨から構成されており、細長い骨(大腿骨や腕などの骨)、短い骨(手や足の骨)、平たい骨(頭蓋骨や胸骨など)に大別することができる。[左後方45度から見たところ]

ヒトの全身骨格はおよそ200個の骨から構成されており、細長い骨(大腿骨や腕などの骨)、短い骨(手や足の骨)、平たい骨(頭蓋骨や胸骨など)に大別することができる。[左90度から見たところ]

全身骨格(左45度)
静止画 440×426、 37.4KB

ヒトの全身骨格はおよそ200個の骨から構成されており、細長い骨(大腿骨や腕などの骨)、短い骨(手や足の骨)、平たい骨(頭蓋骨や胸骨など)に大別することができる。[左45度から見たところ]