北条-羽合砂丘

< 解説 >
北条砂丘は、天神川の河口から西は大谷集落付近まで日本海に沿い、東西約12km、南北1.8km、面積1,100haにわたって発達した緩やかな海岸砂丘である。天神川の東側、橋津川までの間にも砂丘が続き、こちらは長瀬高浜砂丘、または、羽合砂丘と呼ばれる。写真では天神川を中央に、その向こうに北条砂丘、手前に長瀬高浜砂丘が広がる。

◆写真撮影場所◆
鳥取県東伯郡羽合町馬の山展望台にて撮影

関連ページへ (リンク)