河岸段丘

(1)川のはたらきで、平らな土地(川原)ができる。

(2)土地が隆起すると、川の傾斜が増し、侵食作用が増す。このため元の河床を低く掘り下げ、以前より低いところを川が流れるようになる。

(3)新しい川原ができ、前の川原は平らな面として残り段丘ができる。

(4)再び土地の隆起により、かつての川原は段丘となる。

荘 河岸段丘1 荘 河岸段丘2 生竹 河岸段丘