米子工業高等学校の教育方針

教育基本法にのっとり、新教育原理に従い、本校教育方針を次のとおり定める。

(1) 自由と独立を重んじ正義と責任に強く生きる。
 人間性の神聖と人格の自由とは近代精神の基礎である。われらはつねに自律的に行動し、健全な批判力を養い、正義のために強く生きると共に、自由こそ責任と義務を果たす中で努力して体得するものであることを自覚する。
(2) 学問を愛好し、科学的精神を尊ぶ。
 学徒は真理探求の使命に生きる。われらは学問の尊厳性にかんがみ、精密な知識と卓越した技能の修得のためには、若き青年の熱情を傾け、常に真理探究の心をもって接し、創造に努めるとともに、個性豊かな人格を大成する。
(3) 技術を磨き、体力を練り労働を楽しむ。
 日本国発展の原動力は工業の飛躍的増強にまつところ大である。われらは常に技術の練磨をはかり、強健な身体を鍛え、宏大の気宇と進取の気性を養って労働に挺身し、わが国工業の発展と世界の進展に寄与することを深く心に期する。