メニュー

学校紹介教育ビジョン(イメージ図)校長室の窓から学校行事学習活動進路部活動・生徒会ボランティア活動チャレンジグループ活動ステージグループ保護者の皆さまへ卒業生の皆さまへ中学生の皆さまへ地域の皆さまへ事務室より学校の臨時休業等の基準についてフォトアルバム尚操会学校評価いじめ防止基本方針連絡・お知らせ学校運営協議会

カウンタ

2316520

オンライン状況

オンラインユーザー26人
ログインユーザー0人

お知らせ

  

 

iframe

URLが登録されていません。

教育方針

           令和4年度学校教育目標
                                                   鳥取県立倉吉西高等学校

1 学校教育目標

  校訓である「立志」の精神に基づき、自らの志(使命感)を明確に持ち、将来、地域貢献
 及び社会貢献のできる心豊かな人材を育成する。

2 教育(育成)の重点目標

(1)道徳教育の充実
 ・高校生として望ましい規範意識、生活習慣を確立する。
 ・自己肯定感を高めるとともに、他者に対する思いやりなど、周囲と豊かな人間関係を構築
  することのできる豊かな心を育む。
(2)キャリア教育の充実
 ・社会的問題に関心を持ち、社会の一員であることを自覚させる。
 ・探究活動をとおして、社会的問題の解決に向けて必要となる能力を育成する。
 ・将来の生き方を前提とした進路指導を展開する。
(3)高い志の実現に向けた、学ぶ意欲の向上
 ・将来の生き方を考えさせることで主体的に学ぶ姿勢を涵養するとともに、社会的問題の解
  決に向けて必要となる確かな学力を育成する。
 ・授業をとおして論理的思考力、表現力、コミュニケーション能力を高める。

3 本年度の重点目標

(1)人間性や社会性の向上 
 ・個人や集団の間に存在している様々な「違い」の理解度を深める。
 ・各種講演会や校外での活動等を通して、「人との関わり」や「出会い」を大切にして
  いくことで、豊かな心を育成し、主体性を培う。
(2)チャレンジグループ活動の再構築とキャリア教育の充実
 ・「地域を支える、貢献に資する人材を育成する」高校として、倉吉市や地元大学等と連携
  しながら、「ふるさとキャリア教育」を推進する。                        
 ・「点」ではなく「線」として、縦のつながりとなる3年間を見通した活動を確立し、さら
  にそれを将来の進路選択につなげていく。
 ・他校生との交流を通して、インプットする場面やアウトプットする場面を経験することで、
  自らの視野や選択肢の拡大につなげる。
(3)学びの深化と主体的学びの構築
 ・図書館を積極的に活用し、課題解決能力の育成に向けた学びを深める。
 ・ICTの効果的な活用をさらに進め、生徒の主体的学びにつなげる授業を展開する。
(4)情報発信の更なる充実
 ・ホームページやインスタグラム等を活用し、生徒の活動の様子を積極的に発信する。
(5)働き方改革の推進
 
・「前例踏襲」を廃止し、「記録」をもとに業務を行いながら、「記録」を活かして常に
  「よりよいもの」へと更新していく。
 ・グループ制を見直すとともに、グループとステージの連携を図る。