鳥取聾学校のホームページへようこそ!

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。

学校基本情報

鳥取県立鳥取聾学校(本校
       明治43年7月10日創立
   第24代 学校長 秋田 易子  
 〒680-0151
 鳥取県鳥取市国府町宮下1261番地
  TEL 0857-23-2031
  FAX 0857-27-8606
  E-mail 

 

環境への配慮

   
  平成20年3月20日取得
 





    
 
校長室から
12345
2022/04/11

入学式

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 入学式
学校長校長式辞

 あたたかな春の光が、学校をやさしく包んでいます。
本日、保護者のみなさまのご臨席の中、令和四年度鳥取聾学校入学式を挙行できますことを、心からうれしく思います。
 幼稚部二名、小学部一名、中学部二名、高等部四名、合計九名のみなさん。ご入学おめでとうございます。
 幼稚部や小学部に入学するみなさん。聾学校には、楽しいこと がいっぱいあります。運動会、学校祭、春みつけ、さつまいもづくり、遠足。友だちや先生といっしょに、たくさん遊んで、たくさん勉強して、たくさん食べて、心もからだも大きくなってください。
 聾学校には、広い校庭や、畑、おいしい実のなる木がたくさんあります。中学部や高等部のやさしいお兄さんもたくさんいます。一緒に遊んではやくなかよくなりましょう。
 
 中学部や高等部に入学するみなさん。三つの約束をしましょう。

一、まず、自分のことは自分でできるようになりましょう。

二、得意なことはどんどん進める、苦手なことがあっても、逃げたらいけませ
       んよ。とにかく、やってみよう。やってみたら、意外におもしろいかも
       しれません。自分で自分の限界を決めてしまわないでください。

三、自分で考えて、動く人になりましょう。失敗したら、また、考えて動いて
       みたらいいです。失敗は一番の先生ですから、おそれないでくださいね。

 保護者のみなさま、本日はお子様のご入学、誠におめでとうございます。お子様が、安心して笑顔で学校生活を送る    
ことができるように、チーム鳥聾、教職員一同が心を一つにして努めてまいります。ご理解ご協力を賜りますようよ    
ろしくお願い申し上げます。

 それでは、今日から始まる子どもたちの新しい学びで、一人一人がのびのびと大きく成長していくことを     
祈念して、私の式辞といたします。

令和4年4月7日

鳥取県立鳥取聾学校
校長 秋田 易子



15:48 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/04/11

始業式

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
令和4年度 1学期 始業式

校長先生のお話
 鳥取聾学校のみなさん。進級おめでとうございます。
 校長先生は、春休みの間、みんなは元気にしているかな?と心配していました。でも、今、こうしてみなさんの元気な顔を見て、心配はふっとびました。
「よし!がんばるぞ!」やる気いっぱい、元気いっぱいの笑顔がたくさん見えます。とてもうれしくなりました。校長先生にも、先生方にも、元気がもくもくでてきました。みなさんは、人を勇気づける「笑顔」というすてきな魔法をもっているのですね。すばらしいなあ。学校に「元気」「やる気」を運んでくれました。」 ありがとう。
 さて、今日から、一学期の学校生活が始まります。新しい友だちや先生との出会い、新しい学びが待っています。今日は、どんなおもしろいことが待っているかな。今日の給食は何かな。学校に来るのが楽しみ、わくわくしますね。
 特に、春は、昨日までの自分や学校とは違う、新しい自分や新しい学校に変わっていくチャンスです。このチャンスをのがさないで、ぐっと自分に引き寄せて大きく伸びていきましょう。
 そのために大事なのは、「目標」をもつことです。今年は、こんな自分になりたい。こんなことに挑戦したい。少しがんばるとできそうな目標を先生と一緒に考えてみてください。自分で作った「目標」を道しるべにすると、前に進みやすくなります。
 校長先生の目標は、「毎日、みんなの教室にでかけていって、一人一人に手話で話をする」です。新しく変わっていく校長先生の姿も楽しんでください。一緒に伸びていきましょう!
 これで校長先生のお話を終わります。


15:42 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2021/09/06

実りの秋がやってきました

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

鳥聾の校地内には、自然がいっぱいです。

校舎回りには、実のなる木がいっぱいあります。
この木々からも四季を感じることができます。
きっと、この自然の中で子供たちの感性が豊かにはぐくれていくことでしょう。

プールの裏には柿の木。たくさん実ってました。


今年もキウイは豊作です。
 
中庭には、「トチの木」。いつもど~~んとみんなを見てくれています。
そして、木のまわりには…。たくさんのトチの実が熟れて落ちています。
  
いちじくも、おいしそうです。鳥もよくついばみにやってきています。

学校でみつけた秋の実&夏野菜を集めてみました。
玄関で、お客様をお迎えしていますよ。

14:13 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2021/09/03

手話歌の発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

中学部と高等部の音楽の時間に、手話歌を学んできました。
それぞれのパフォーマンスを紹介する場がほしいな…。
そこで。
中・高等部と職員が給食を食べるランチルームで
手話歌発表会を開きました。



それぞれが、歌詞の意味を考えて、情緒豊かな手話表現をしていました。
とってもすてきでした。
学校祭で、生の手話歌をみたいな。そんな声も出ていました。

集まることはできなくても、工夫次第で発信していくことはできるのですよね。
先生方、中・高等部のみなさん、ありがとうございました。
14:53 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2021/09/02

夏休み作品展

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

子供たちは、夏休み中に、自由研究や工作など、たくさんの作品づくりをしていました。
教室では、自由研究発表会をしたり、廊下に作品掲示をしたりと、
校舎内が夏休みの作品でにぎわっています。
家族のみなさんと相談しながら、頑張って仕上げた様子もうかがえました。
みなさん、すばらしいがんばりです。


くぎを使わない「くさびラック」を自分で作ってみました。
夏休みならではの取り組みですね。

保護者のみなさまには、作品展としてご案内はできませんが、
お迎などの機会をみつけて、また、学部だよりでお知らせしますので
ぜひご覧ください。
15:35 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2021/08/27

2学期始業式

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

8月26日は、2学期の始業式でした。
23名全員がそろったのが、何よりうれしかったです。
新型コロナウイルス、台風など、夏休み中には心配なことが多くありましたが
子供たちも職員も元気に過ごすことができました。

そして、夏休みの間には、聾学校にとってうれしいニュースが2つありましたので
始業式には、さっそく話題にあげました。

1 第8回全国高校生手話パフォーマンス甲子園 予選審査会突破!
  高等部1年生の4名が2年ぶりに挑戦しました。
  10月3日の本大会に向けて、練習をがんばります。


2 パラリンピック 車いす100Mに、本卒業生の安野祐平さんが出場!
  車いすマラソンとの出会いは、高等部に入学してからだそうです。
  激励の気持ちを込めて、子供たち、先生方が安野さんへメッセージを
  書きました。28日にひまわり分校の先生に、米子空港で手渡しして
  いただきました。
 



うれしいニュースに共通するのは、これだ!と思って始めたこと、好きなこと、得意なことをあきらめずに続ける、そうすると夢がかなうよ、がんばって続けよう!
ということです。

チーム鳥ろうの夢 10月の学校祭に向けて、力を合わせて頑張りましょう!
12:58 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2021/08/10

夏休みの学校

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

夏休みの中盤に入りました。
校舎をめぐってみると…。
素敵な光景が!

6月に、高等部の生徒と先生が、学校の畑に「ひまわり」と「コスモス」
の種をまいて、水やりや草取りなどお世話をがんばっていました。

夏休みに入ったころから、ひまわりが咲き始めました。
今日は、夏の日差しを力いっぱいあびて、太陽に向かって咲いています。
がんばりの花が開きましたね。


13:44 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2021/07/30

第8回全国高校生手話パフォーマンス甲子園

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者


 今年の高等部1年生4名は、2年ぶりに「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」に挑戦しています。"高等部になったら絶対出たいと思っていた!""でも、本当に手話の全国大会『手話パフォーマンス甲子園』に出れるのかな"
 そんなやる気と一抹の不安を持っている4名でした。本大会に出場することを夢見て、まずは予選審査を通過に向けて、先生方と4名が一緒になって試行錯誤しました。
 演技タイトルは「~共に~」。
 演技のコンセプトは次の通りです。

 4月に入学した4人の生徒たちは、きこえ方やコミュニケーション方法の違いから、コミュニケーションをとるときに壁にぶつかりました。きこえない・きこえにくい仲間同士でも分かり合えない状態が続き、解決したいと思いながらも、最初はうまくいきませんでした。なんとか打破しようと試行錯誤し、今ではお互いにフォローしながらコミュニケーションを楽しんでいます。生徒のリアルな体験や、心の動きを表現しています。

 そして、7月30日の正午。いよいよ予選審査結果の発表です。
職員室では、みんながパソコンの画面にくぎ付けになって待っていました。
鳥ろうの名前が呼ばれました!!
『得点順枠』で念願の本大会出場が定!!大喜びでした。


 この挑戦で、子どもたち・先生方が、「やればできる!」と自信をもてるようになるといいな、そんなふうに願っています。
 夏休みが明けたら、本大会に向けて、最後の仕上げをもうひとふんばり頑張ります。みなさま、応援をよろしくお願いします!!


13:51 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2021/07/19

西原先生 ありがとうございました

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

幼稚部の西原先生は、8月中旬よりお休みをいただきます。
お世話になった4名より、心をこめて”ありがとうメッセージ”を送りました。
西原先生お元気で! 幼稚部のみんなも頑張ります!!




15:24 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2021/07/19

ランドセル贈呈式

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
全日本ろうあ連盟を通して、ラルフロン×フジメディアホールディングスの共同企画で
手話パフォーマーのHAND SIGHが、全国の聾学校幼稚部などに、ラルフローレン製のランドセルを500個寄贈されました。

7月19日・20日には、本校とひまわり分校の3名にランドセルが届きました!!
鳥取県聴覚障害者協会 理事長の下垣彰則様、事務局長の石橋大吾様をお迎えして、ランドセル贈呈式を行いました。

とっても素敵なランドセルで大喜び!!早くもぴかぴかの1年生☆彡です。
みなさまのやさしさと温かな心づかいに触れて、はずかしそうにしながらも
笑顔がはじけていました。ありがとうございました。

 

14:31 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12345
あなたは805395人目です。
2013.1.10 ~

お知らせ

鳥取盲・聾学校附属教育支援センター
『わくわく』が開所しました!

 鳥取県中部地区のお子さんの「きこえ」や「ことば」の相談や指導を行います。
  ⇒ わくわくチラシR2年11月.pdf

 
  詳しくは支援部のページをご覧ください!

  ⇒
支援部のページへ
 

お知らせ

【時間外の電話対応】 
(1)勤務時間外の電話対応
・平日夕方18時から朝8時の間、音声案内に切替。(平日以外の参観日や学校行事を行う日を含む)
・休日及び学校閉庁日等は終日、音声案内に切替。

(2)緊急時の連絡について
保護者のみなさまへ
事故や災害等の家庭事情により緊急の連絡が必要な場合、学校携帯電話にご連絡ください。ショートメール等も活用ください。
通級指導に関係するみなさまへ
当日、急な欠席連絡が必要な場合や学校の時間外に欠席連絡が必要な場合、学校携帯電話(通級指導関係)に
ショートメールで一報ください。
(通級指導関係)080-2915-9171

(3)その他 
状況により本校職員の勤務時間(8:30~17:00)外の電話に対応できない場合がありますので、ご了承ください。