前のページへ
もどる

メニューページへ
TOPへ

次のページへ
すすむ

G活用イメージ(活用法)


小学校・中学校の「学校紹介」
「発見!私たちのすむ町」
「学校のまわりの歴史・文化紹介」
「学校のまわりの環境と自然しらべ」
「ボランティア活動を体験して」
「めずらしいもの・おもしろいものをみつけたよ」
「伝統的な産業・産物の紹介」
「おいしい「なし」のつくりかた」
「水辺の生き物しらべ」
「草花さがし・生き物さがし」
「むかしばなしをしらべたよ」
「めずらしい地形」
「大山登山」
等々


…児童生徒が共同で調べた情報を、Webを通して登録し、共同利用します。

さらに、個々の学校は、共有DBの利用にプラスして、独自の地域学習DBを作成することができます。
 ●複数の学校が共同して1つのテーマについて調べ学習をおこない共有DBの更新を介して作成データの登録・共有とコミュニケーション活動を行うことができます。

 ●地域調べ学習の過程で、あるいは成果物の公開により、地域・家庭から情報提供やアドバイスをもらうことができます。(地域コミュニケーション型)

 

前のページへ
もどる

メニューページへ
TOPへ

次のページへ
すすむ