お知らせ&行事

最新の記事

日誌

【硬式野球部】第104回全国高等学校野球選手権鳥取大会(準決勝)

2022年7月26日 15時53分

令和4年7月25日(月)、ヤマタスポーツパーク野球場にて準決勝が行われ、鳥取商業高校と対戦しました。

FB_4

本校は立ち上がりに2点を失うと、3回には本塁打で、7、8回にもミスや四死球で、失点を重ねます。打線は相手投手陣の前に2安打のみに封じられ、3塁を踏むことができず、0対7で準決勝敗退となりました。

FB_5

応援いただきました皆様ありがとうございました。

【硬式野球部】第104回全国高等学校野球選手権鳥取大会(準々決勝)

2022年7月23日 09時34分

令和4年7月22日(金)、ヤマタスポーツパーク野球場にて準々決勝が行われ、八頭高校と対戦しました。

FB_2

本校は2回、玉岡の2点適時打で先制します。続く3回にも瀬川の2点適時打で加点し、試合を優位に進めます。守っては先発の後藤が初回のピンチを切り抜けると、4回無失点の好投。リリーフした山崎、藪本が1失点に封じ、6対1で快勝しました。準決勝は鳥取商業高校と対戦予定です。

FB_3

【硬式野球部】第104回全国高等学校野球選手権鳥取大会(2回戦)

2022年7月19日 15時43分
報告事項

令和4年7月18日(月)、ヤマタスポーツパーク野球場にて2回戦が行われ、米子工業高校と対戦しました。

FB_0

本校は初回、1死2塁の好機に太田が中前に落として先制。3回には太田の本塁打と山崎の適時打、4回には瀬川の適時二塁打などで点差を広げます。4点差に迫られた6回にも、後藤の適時二塁打で追加点を挙げました。先発山崎は走者を出しながらも5回2失点にまとめ、藪本、後藤、藪本と小刻みに継投して逃げ切りました。準々決勝は八頭高校と対戦予定です。

FB_1

鳥取県版新型コロナ警報に基づく注意喚起チラシの更新について

2022年7月15日 12時27分
連絡事項

現在、オミクロン株の新系統「BA.5」への置き換わりとともに、県内において新規陽性者数が急拡大しています。

今後、夏季休業を迎えるにあたり、注意喚起チラシが更新されましたので、添付しているチラシをご確認いただき、熱中症対策と併せて基本的な感染防止対策の徹底にご協力いただきますようお願いします。

20220713 コロナチラシ

令和4年度 壮行会(全国総体・全国総文祭・硬式野球部県大会等)

2022年7月15日 09時00分
今日の出来事

令和4年7月14日(木)に壮行会が行われました。3年次生が第一体育館に集合し、1、2年次生は教室で配信される映像越しにエールを送りました。それぞれの生徒がそれぞれの場所で、米東生としての誇りを胸に活躍されることを職員生徒一同、応援しています。


令和3年度グローバルリーダーズキャンパス修了認定書授与式

2022年7月12日 13時11分
今日の出来事

令和4年7月12日(火)、令和3年度グローバルリーダーズキャンパス修了認定書授与式が、本校応接室にて行われました。
グローバルリーダーズキャンパスとは、米国スタンフォード大学と鳥取県が提携して行うオンライン講座で、幅広い国際感覚を身につけ、世界を視野に入れて活躍する高い意欲と志を持った人材を図ることを目的としています。全講座が英語で行われ、参加者には日米文化に関するプレゼンテーションの発表が課されました。
式に参加したのは、令和3年度に本校から参加した8名です。
(前列左から)
3年 北村 沙也さん、中原 遥子さん、田中 花菜さん、谷田 千紘さん
(後列左から)
2年 森下 智美さん、本庄 咲希さん、水川 釉翔さん、小川 桃佳さん

主体的な取り組みが顕著だった本庄さんは、特別表彰受講生に選出されました。
本庄さんは、積極的にコミュニケーションをとることを意識して受講していたそうです。途上国の人を支援したいという目標を持っているので、この講座で学んだことを将来に生かしていきたいと語ってくれました。

今回修了認定書を受け取った参加者は、この講座を通して学んだことを、周囲にも伝えていってほしいと思います。

【水泳部(競泳)】大会結果報告

2022年7月4日 16時13分
報告事項

令和4年6月25日(土)・26(日)、鳥取県営東山水泳場において、第57回鳥取県高等学校総合体育大会水泳競技の部(競泳)が開催されました。
優勝者及び種目は以下の通りです
 2年 小坪 愛翔 100m自由形・200m自由形
 2年 内田 愛子 100mバタフライ・200mバタフライ
 3年 小笹 和真 400m自由形・1500m自由形
 男子総合優勝


また、合計17名の選手が7月22日(金)~24日(日)に広島県で行われる中国大会の出場権を獲得しました。中国大会でも納得のいく泳ぎができるよう期待しています。

【水泳部(飛込)】大会結果報告

2022年7月1日 08時34分
報告事項

令和4年7月1日(金)、本校応接室において、水泳部の県総体の表彰式が行われました。
6月12日(日)、鳥取県営東山水泳場において、第57回鳥取県高等学校総合体育大会水泳競技の部(飛込)が開催され、2年 佐々木 音華さんが「女子3m飛板飛込」「女子高飛込」の2種目で優勝し、7月23日(土)・24日(日)に広島県で行われる中国大会の出場権を獲得しました。佐々木さんは「自分らしい演技をして、インターハイに出場できるよう頑張ります」と抱負を語ってくれました。


中国大会でも納得のいくパフォーマンスができるよう期待しています。

【陸上競技部】中国大会結果報告

2022年7月1日 08時23分
報告事項

令和4年7月1日(金)、本校応接室において、陸上部の県総体と中国大会の表彰式が行われました。
6月17日(金)~19日(日)の3日間、島根県浜山公園陸上競技場で開催された第75回中国高等学校陸上競技対校選手権大会には、県総体の各種目で入賞した選手が出場しました。そこで、3年 柴田 凱さんが男子400m競技で第3位に入賞し、8月3日から開催される全国大会への出場権を獲得しました。
また、県総体で男子1500mで優勝した3年 小谷 亮介さんは「得意なレース展開で、自分の走りを最大限に出し、自己新記録も出すことができて嬉しかった」と喜びを語ってくれました。


2年連続でインターハイ出場を決めた、柴田 凱さんは「昨年のインターハイの反省を活かし、きちんと自分の走りをして入賞を目指したい」と意気込みを語ってくれました。