学校日誌

「運動会特集③~新たな歴史の始まりを感じた生徒会種目~」の巻

2023年9月13日 09時00分

 校長として赴任した4月、朝のあいさつ運動をしていると生徒会執行部の生徒が「校長先生、どうしたら運動会は半日から1日になりますか?」と聞いてきました。その理由を聞いてみると、運動会が1日開催から半日開催に変わったときになくなった生徒会種目を復活させたいとのことでした。それからしばらくして、正式な要望書が提出されたのですが、生徒会種目復活の件は即答でOK(結果的には半日開催で生徒会種目が実現)を出しました。その時に執行部の生徒たちが出してきた要望書の中にあったのが「先生方の負担が増えないよう、運動会運営は生徒主体でやります」という内容でした。それを本当に実現させてしまった生徒会執行部のみなさんには、心から感心しています。そして、そんな思いの中で実現した生徒会種目が今後もずっと続いていってくれることを願っています。

 練習開始当初、1、2年生は大縄をしたことがない生徒が多く、1回すら跳べないクラスがありました。それが本番では、多くのクラスがベストに近い回数を跳んでいました。これまでの練習の成果が出ていたのではないかと思います。

<1年生 君の縄。>
 1位 1年4組
 2位 1年1組
 3位 1年3組

11

12

13

14

15

<2年生 君の縄。>
 1位 2年4組
 2位 2年3組
 3位 2年5組

21

22

23

24

25

26

<3年生 君の縄。>
 1位 3年3組
 2位 3年4組
 3位 3年1組

31

32

33

34

35

2019年度学校日誌