新着情報

泊の子どもたち

new! 2.21 貴重な学び③

2024年2月21日 13時43分

 昨日から雨模様。この時期の天気の様子を「三寒四温」と表しますが、まさにそんな感じの毎日です。

 今日は4年生の国際理解教育の一環でスペイン語文化等について講師さんをお招きしてお話を聞きました。講師さんは元小学校の教員。ご家族がメキシコの日本人学校にお勤めになられた3年間をメキシコで過ごしたそうです。その時のエピソードやご自身の経験談など、現地の様子を聞くことの少ない4年生は興味深そうにお話を聞きました。DSC01672

DSC01675

まずは、メキシコでのエピソード。トラブルに遭ったときにメキシコの方に親切な対応をしてもらったこと、そして恐ろしい体験をしたことなど、子ども達は驚きとともに聞いていました。DSC01678

恐ろしい体験はしたものの、メキシコでの暮らしは日本では体験できないことや人々との出会いがあり、充実した日々だったそうです。DSC01683

講師さんはこのような経験をきっかけに、2020東京五輪のボランティアにも挑戦されました。今日はボランティアの上着、靴、名札(各国のピンバッチがたくさんついていました)、と目を引く服装で登場。ボランティアで通訳をしたいという気持ちをもって参加されたそうですが、ドライバーの仕事を割り振られたそうで、その時のエピソードも驚きのある内容でした。DSC01680

そして、子ども達へのメッセージ。DSC01681

最後は、メキシコでの経験から人生を豊かに過ごすことができたという思いから、「VIVA Mexico」と締めくくられました。DSC01684

4年生はメキシコの日本人学校の友達と交流したことをきっかけに様々な方からお話を聞いて学んでいます。お話していただいた方は、泊小学校と何かしらの縁がある方です。「国際理解」という言葉からは広く世界の国々のことを知るという印象を持ちますが、実は、身近な地域にこのような方々がおられることを知り、子ども達には、世界と泊地区はそんなにかけ離れたものではない、自分でも世界とつながることができるということを感じてもらえればいいなと思います。

new! 2.20 不審者訓練

2024年2月20日 18時47分

 今日は不審者訓練をしました。予定通り9時40分に黒ずくめの姿の男性(警察官が扮している)が職員玄関から入ってこられました。職員室にいた職員が対応しますが、大きな声が聞こえます。校長も校長室から廊下に飛び出し、不審者の方を校長室へ誘導します。不審者の方に校長室のソファに座ってもらった後、話を聞いているうちに刃物(本物ではありません)を出してくる不審者。対応している校長と安全主任はドキドキしながら、警察官の到着を待ちました。およそ6分間の対応でしたが、警察の到着までの時間は大変長く感じました(本当に危険な人物であれば、命はなかった状況かもしれません)。児童は静かに教室で待機し、不審者確保後に体育館に全員集合。その後、警察の方から防犯に関するお話を聞きました。DSC01660

屋外で不審な車に出会ったときに、どちらに逃げますか?不審者に扮していた警察官が車の役をしています。3年、2年の児童2名が代表で逃げる役を引き受けました。DSC01664

必ず、車の進行方向の反対側に逃げることが大事です。

不審者から避難するときの合言葉「いかない 乗らない 大声を出す すぐに逃げる 知らせる」、この合言葉を覚えて、実行できるようになってほしいです。DSC01666

最後は、泊駐在所の方のお話です。何かあったら、すぐに大人に知らせるよう話されました。DSC01670

訓練をしてもいざというときはなかなかうまくいかないことが多いです。日ごろから防犯意識を髙くして過ごしたいです。