日誌

(4/10)令和5年度1学期始業式を行いました

2023年4月11日 16時28分

倉吉農高は4月10日に令和5年度1学期始業式を行いました。

始業式では竹内校長先生は以下のように述べられました。

「倉農は4月11日の入学式で62名の新入生を迎え、本年度は187人の生徒でスタートする。縁があって同じ学び舎に生徒と教職員が一緒になった。お互いに素直に良いところを認め合って成長しあいたい。

 昨年度は校則を見直した。今後も「なぜ」と思ったら疑問を口に出して、お互いに話をして改善していきたい。

 本年度は、多くの行事が新型感染症の流行前に戻る。みんなが楽しめる行事にしてほしい。特に以下の3つを努力して欲しい。

1 授業を大切にし、資格取得等に励む。

2 放課後に部活、当番等に一生懸命に取り組む。

3 周りの人の良いところを見つけてほめ合う。

 これらを実践し、全員が成長したと思える1年にしてほしい。」

修正1 

始業式に先立って、着任式が行われました。

P1000215

「本年度は、『生徒手帳』に代わって『SONOU BOOK』

を利用してください」と校長先生。 

P1000222

各学年お世話になる先生とご対面。

【保護者連絡】欠席等の連絡の方法について

2023年4月8日 18時41分

欠席等の連絡の方法について

今年度より、欠席等の学校への連絡方法について、スマートフォン等のQRコード読み取りで入力していただく方法を追加しました。

下記のQRコードを読み取りの上、ご活用ください。

QR_kesseki

令和4年度3学期終業式を行いました

2023年3月24日 16時59分

 倉吉農高は3月24日、体育館にて3学期終業式を行いました。

 まず、終業式に先立ち表彰伝達式が行われました。

 アグリマイスターゴールド、鳥取県農業鑑定競技会最優秀賞・優秀賞、各種検定合格者、基礎学力テスト成績優秀者が表彰されました。

表彰式

[壇上で表彰を受ける生徒]

 終業式の式辞では、竹内校長先生は表彰された生徒の努力をたたえられました。その後、先日行われたWBCで活躍した大谷選手のエピソードを引用され「チャレンジすることの大切さ」について話され、1,2年生に対して4月からの新2,3年時での飛躍への期待をお話になりました。

校長先生

[来年度への期待について語られる校長先生]

 また、本日は、離任式、退任式も行われました。職員生徒一同、転出される皆さまや退職される皆さまとの別れを惜しみました。

トリミング済み 1 IMG_3289

[転出される職員の方々からの挨拶]

退任される先生方

[3人の方々が退任されました]

令和5年度鳥取県立倉吉農業高等学校 会計年度任用職員(農場管理職員)の募集について

2023年3月24日 09時00分

1 任用期間 令和5年4月29日から令和6年3月31日まで

2 申込期間 令和5年3月24日から令和5年4月5日まで

3 試験日時 随時(応募者と相談のうえ、決定します。)

詳細は、会計年度任用職員(農業管理職員)募集要項をご覧ください。

R5 会計年度任用職員(農場管理職員)募集要項.pdf

R5採用試験申込書.pdf

4月行事予定

2023年3月23日 15時36分

4月間行事予定

卒業式を行いました

2023年3月2日 10時04分

 3月1日(水)、令和四年度卒業証書授与式を挙行しました。生物科・食品科・環境科の課程を修了した合計66名が本校を旅立ちました。

 新型コロナウイルス感染症に翻弄された3年間で、休校をはじめ行事などが中止となる中でも、様々な専門知識・技術を学び課題研究や農業クラブ活動などを通して地域の課題解決にも取り組み大きく成長しました。

 今回の卒業式は、卒業生は「マスク着用は個人の判断に任せ」在校生は検温、体調チェックをし「マスク着用」の制限のある形式で行いましたが、3年振りに全校生徒で旅立ちを祝福する温かい時間とすることができました。学び舎を巣立った彼らが、新たな道においても健康で活躍してくれることを願います。

生物科

生物科の入場

食品科

食品科の入場

環境科

環境科の入場

卒業生

卒業生の様子

卒業証書授与

竹内校長より卒業証書授与

同窓会副長

桑田幸人 同窓会副会長による祝辞

PTA会長

横川力 PTA会長による祝辞

送辞

生徒会長 奥園虎大君から送辞

答辞

卒業生代表 新名一貴君から答辞

3月行事予定

2023年2月22日 07時27分

3月間行事予定

「薬物乱用防止講演会」

2023年2月13日 12時59分

 2月13日(月)、3年生を対象に「薬物乱用防止講演会」を実施しました。

 講師として鳥取県警察本部刑事部捜査第2課より米山直樹さんにお越しいただきました。

 「薬物を断る勇気をもつ」という目標で、覚醒剤や大麻など違法薬物の種類や取引の現状などについて詳しく教えていただきました。

1目標

 たった一度の薬物使用でも「薬物乱用」にあたることになることや、鳥取県内でも覚醒剤や大麻などの所持等で20歳未満の若者も検挙されている現状等の知識を得る機会となりました。

 今回の学びを、高校卒業後のより良い人生の選択に活かしてくれることと期待しています。

【食品科2年】総合実習 外部講師授業

2023年2月10日 11時05分

  2月9日食品科2年生の、教科「総合実習」の時間に外部講師をお招きしました。講師の金山さんからは、彼らが1年生だった昨年にも、実習を伴わない座学でしたが衛生的食品製造の基本的な考えを学んでいます。今年は更衣室への出入りやホコリ取りローラーの使い方、手指洗浄のポイントなどを実地で指導していただきました。

 その後は、金山さんの去年の講義内容をさらに深掘りした内容を伺いました。

 最初に金山さんが言われた「衛生的製造に関するルールには必ず科学的な意味がある」。という内容で講義は進んでいきました。食品業界は毎年のように関係法令が改正されたり、衛生的製造工程の部分的変更があったりと、日々学び続けなければなりません。4月からは最高学年となる彼らの実習での当たり前が、より高いレベルの当たり前になるよう生徒、職員ともに実習に向き合っていきたいと思います。

金山さんと生徒_ホワイトボード金山さんと生徒_プロジェクション 

記録する生徒

【食品科1年】食品製造基礎 外部講師授業

2023年2月9日 13時53分

2月8日、9日と食品科1年生の、教科「食品製造基礎」の時間に外部講師をお招きして、衛生的食品製造の基本的な考えを学びました。講師は岡山県の食品衛生コンサルティング企業の方で、いくつかの衛生的食品製造の監査や認定の資格を持っておられます。

 1年生ですのでHACCPに沿った食品製造とは何か、といった基礎的な内容がほとんどでしたが、実際の製造実習の際にどのように活かしていくかは、知識と経験の両輪があればこそです。今日の知識を活かして食品科の主力メンバーとなることを期待しています。

20230209_0220230209_0320230209_01

新型コロナ関係

新型コロナウイルス感染症対応について
~感染予防対策の徹底を~

 

生徒、保護者の皆様におかれましては、日常的に正しいマスク【不織布製を推奨着用・こまめな手洗い・消毒・人と人との距離をとる・三密を避ける、こまめな換気等、感染防止対策を徹底していただきますようお願いします。【詳しくは下のコロナチラシを参考に】

また、以下の2点について御確認ください。 

1 春休み中に県外を訪問した生徒に対しては、積極的に無料のPCR検査を受検してください。またPCR検査を受検する場合は、速やかに学校に連絡してください。
2 体調不良の場合は無理に登校せず、かかりつけ医又は受診相談センターに相談してください。
 
 20220713 コロナチラシ.pdf(最新)
 【とりネット緊急時トップページ】https://www.pref.tottori.lg.jp/
 健康観察表.pdf