育友会

IMG_1336

ごあいさつ

                         育友会会長    衣笠優子

 今年度、会長を務めさせていただくことになりました。皆さま一年間どうぞよろしくお願いいたします。さて、本校PTAは倉吉東高「育友会」といいます。明治44年に活動の先駆けとなる「父兄懇談会」が開催され、昭和22年には育友会として設立、現在まで活動が継続されています。コロナ禍を経た今、活動の新たな価値付けなどの必要を感じています。さらに、時代が変わっても変わらないのが子どもたちの健やかな成長を願う親心であり、大人同士の関わりと協力は欠かせません。今後育友会としては、会員同士がしっかりと繋がり、情報を共有し前例踏襲にとらわれず活動をしていきたいと思います。子どもたち一人ひとりの夢の実現に向けた挑戦や、充実した高校生活を送っていけるよう、楽しみながらしっかりとサポートしていきましょう。何かとご多忙とは存じますが、育友会への積極的なご参加とご協力を、よろしくお願いいたします。

※ 今年度から育友会のこのコーナーは、保護者の皆さまにお伝えしたい情報を育友会本部役員が書いて情報を発信しております。

 
◎育友会ブログは令和5年度をもって終了しました
 

育友会:『倉東だより166号』発行しました

2023年12月20日 15時13分

育友会の皆さん、年の瀬の慌ただしさを徐々に感じる時期になりました。

166号、お手元に届きましたでしょうか?

まだでしたら催促してみてくださいね。

今号は2年生の研修旅行特集です。俳句や絵での表現は、それぞれの感性が面白いですよね。

北海道で何を感じ、何を学び、何を持ち帰ってきたのか、皆さんなりに感じてみてください。

そして、皆さんの代表として参加した育友会の研修報告もさせてもらってます。

ホームページにて随時さらに詳しく報告していますので、合わせていま一度ご確認していただけたら嬉しいです。

今年も良いことそうでないこと、それぞれたくさんあったと思います。倉東だよりは倉東生親子のコミュニケーションツールとして、一緒に手にとって振り返ってもらえることを望んでます。同時期に生徒発信の『倉吉東高新聞』も発行されています。一緒に楽しんでもらえるととっても嬉しいです。

冬休み、3年生は挑戦の時を迎えます。1・2年生も必ず迎える挑戦です。しっかり食べて、しっかり寝て、安心できる環境を整えられるのは私たち家族です。まずは新聞を手に取りまったりしてみてください。

今号は、1・2年生の委員さんにお世話になりました。ありがとうございました。

倉東だより166号.pdf